河川内の観測(水位等)に加え、流域の観測(浸水状況)に取組を拡大 ~ワンコイン浸水センサ実証実験準備会合への参加者を公募します~

(国土交通省 令和3年9月10日報道発表)

流域治水の本格的な実践に向け、取組みを加速化しているところです。豪雨による浸水被害が頻発するなか、堤防における越水や、周辺地域における浸水の状況を、速やかに把握し、迅速な災害対応や地域への情報発信を行うため、民間企業・地方自治体等と連携して、ワンコイン浸水センサを設置・情報共有を行い、リアルタイムで浸水状況の把握を行う実証実験を計画しています。
実証実験の実施に向け、仕様等を検討するため、「ワンコイン浸水センサ実証実験準備会合」を設置します。当準備会合に参画する民間企業・地方自治体等を募集します。

〇公募概要
(1)公募期間 令和3年9月10日(金)~ 9月30日(木)12時まで
(2)公募対象
[1]センサ設置者:店舗や管理施設に浸水センサを設置・管理し、データ集約・共有が見込まれる民間企業・団体、自治体等
[2]センサ製造者:低コスト、長寿命なセンサが供給可能な民間企業・団体等
(3)公募要領 詳細の公募内容は別添1を参照ください

≪公募説明会≫
(1)開催日時 令和3年9月16日(木)13:30~
(2)開催方法 WEB会議(Microsoft Teamsを利用予定)
(3)参加申込 公募要領の様式-3に必要事項を記載し、E-mailにて送付ください。その後、WEB会議アドレス等を返信します。
(詳細は別添1を参照)
(4)参加受付期間 令和3年9月15日(水)12:00まで

※ワンコイン浸水センサとは、形状、価格もワンコイン程度(500円玉を想定)の現地設置センサ及び受信機で浸水の状況が把握可能な検知システムを検討。

詳細はこちらからダウンロードしてください。

報道発表資料  別添1募集要項  様式1・2応募様式  様式3説明会参加申込書

前の記事

治水802号(2021年8月号)